最近の人気の顔は、昔と違う?美容整形の統計

きれいという指標の変化

最近の女性は、「きれいという言葉の代わりに「若く見えるという言葉をより好む。中に顔が女性の新しい美の基準に位置づけられ、やや否定的に思っていた頬の肉に対する認識も大きく変わった。

あるアンケート調査で「頬の肉が魅力的な女優は誰?」というテーマでアンケート調査を実施した結果、北川景子が51.1%の圧倒的な支持で1位を占めた。 柴咲コウが27.8%で2位になり、米倉涼子が12.2%、井上真央が8.9%の回答率でそれぞれ3、4位を記録した。

ややぽっちゃりした頬と丸い顔型などの柔らかい容貌で映画やドラマなど、様々なキャラクターを演じている。これらの女優は、可愛く愛らしい魅力で多くの男性ファンを集めている。

最近の国内の女優は、欧米の洗練されたVライン顔の女優とは異なり、滑らかな曲線型にぽっちゃりした頬でまた違った魅力を漂わせる。

適度なボリューム感の頬の肉は、愛らしくかわいい。もちろん若く見える印象の重要な要素となる。

実際、今回のアンケートの追加質問にかわいいと思う顔の箇所はどこですか?と質問もしたところ、「プリプリした頬」と答えた人が57.1%で最も多かった。

このため、最近ではボリュームのある頬の肉のためのボトックスとフィラーはもちろん、自己皮膚再生術と微細脂肪移植、目の下のたるみの解消など、さまざまな整形施術の需要が着実に人気が出ていると考えられる。

  • 年を重ねる毎に、目の下がたるみ老けて見える。
  • 目の下のクマやたるみは治したいけど、皮膚を切るのはイヤ。
  • 美容クリニックで目の下のレーザー治療や注射治療を受けたけれど、全然効果が感じれなかった。
目の下のたるみ専門治療院の銀座みゆき通り美容外科

まず、ボトックスとフィラーは、施術過程とコスト的な負担が少ないということが最大の利点として挙げられる。

一方、持続期間がそれぞれ5、6ヶ月、1、2年と短いので限界がある。

これらのボトックスとフィラーの短所を補完した者が皮膚再生術は、自分の血液の中にある様々な成長因子を抽出し注射で皮膚に適用する施術方法である。

肌の再生とボリューム、美白、弾力性、しわの改善など全般的な肌の悩みを改善するのに役立つ。

自己微細脂肪移植術は、ボトックスとフィラーに比べてオフボールの程度が高い場合や、より広い部位のボリュームを効果的に生かすことができるという長所がある。

したがって、頻繁なダイエットや老化が原因で顔肉急激に落ちた人がたくさん好む。

既存の脂肪移植とは異なり、少量の脂肪を採取して皮下脂肪層に注入するための生着率が高く、肌の再生効果まで期待できる。

オフ頬の肉を改善する間、顔を取り戻す助けになることができますが、ややもすると美人を連想させる不自然な顔になることがあり、注意が必要」とし「手術を施行する専門医の 美的感覚と経験が何より重要だ」と伝えた。

彼はまた、「個人に応じてボトックスやフィラー、自己微細脂肪移植と自己血皮膚再生術などの解決が異なる場合がありますので、コストと期間だけ比較ではなく、専門医との相談を通じて、適切な方法を選択するのが賢明である」と伝えた。

Leave a Reply