鹿児島の芋焼酎を楽しむには温度管理が大切

鹿児島には、独特な芋焼酎の文化があるそうです。ジョカという容器に芋焼酎を入れて、水で薄めて火にかけながら、少しずつ味わうという飲み方だそうです。

このジョカという器は、焼酎の歴史を語るのに欠かせないものだと言われています。この器は鹿児島の酒器で、平べったいボディに短い脚が3本ついた土瓶の一種だそうです。漢字では茶家もしくは千代家と書くそうで、琉球の茶家(チャーカァ)というのが、そのルーツだと言われています。一般的に知られているのは黒ジョカで、薩摩焼の陶器で黒色をしています。白ジョカというのもあるそうですが、こちらは高級バージョンなのだそうです。このジョカで飲むのには下準備がいるそうです。温める前に芋焼酎は割水をしておく必要があるそうなのです。水と芋焼酎をなじませるために、なんと数日おくこともあるそうです。そうすることで、味がまろやかになるのだそうです。

芋焼酎をジョカで飲む場合に、もっとも大切なのは温度の管理だそうです。ジョカを囲炉裏の端や火鉢の灰の上に直接置いて、ゆっくりと人肌ほどに温めるのだそうです。ジョカ独特の平べったいボディは、熱の伝わりを早くするためだと言われています。芋焼酎というものは、あまり高い温度にすると、鹿児島の芋焼酎独特の個性ある香りが飛んでしまうのだそうです。香りを飛ばさないためには、加熱のしすぎには十分注意をしなければならないのだそうです。おいしい鹿児島の芋焼酎を飲むためには、いろいろと勉強しなければいけませんね。

Leave a Reply